取得方法

運転免許の取得方法ですがまず大きく分けると2つ。1つは、教習所に通ってから免許センターで本試験を受ける方法で、この方法が王道とも言えます。もう1つは、飛び込み本試験を受ける方法で、これは一発免許とも言われておりかなりハードルが高いです。初心者の場合が前者の教習所が良いでしょう。教習所での修了試験を取得する方法にも2種類あります。1つは、通学タイプ。これがもっともオーソドックスと言われる、免許取得までのステップです。

もう1つは、合宿タイプです。昨今、このタイプで教習所を修了し免許を取得する人も多いです。通学にせよ合宿にせよ通る工程は同じで、まずは教習所で仮免許取得を目指します。ここでの試験は、筆記と技能両方行われます。その試験に合格するために座学や技能の講習を受けるのです。座学講習では道路標識などの運転における知識を問う問題で、技能講習は運転のスキルを上げるための講習です。

仮免許が取得できると次は修了試験です。これは教習所を修了試験ためのものです。修了試験も仮免許同様に、筆記と技能試験が行われます。修了試験に合格すると教習所卒業となり本免許での技能試験は免除される権利が与えられますので、本免許では筆記試験のみとなります。

 

運転免許の使い道

運転免許は何のために取るの?その目的は実に色々です。必ずしもドライブを趣味にするため、だけではないのです。運転免許は、身分証明書としても活躍します。携帯を購入する、賃貸の手続き、資格試験の取得など諸手続きなどで身分証明書が必要なことって何かしらありますが、そんな時、運転免許があると便利です。

毎回役所に住民票などを取りにいかなくても良いわけですから。また、中には職種によっては普通自動車の免許必須としているところもありますね。営業や自動車産業、福祉など、必需品な職種は山ほどありますから。仕事をするために取得する方も多いです。また、田舎に住んでいる人、田舎で勤めている人、しょっちゅう荷物の運搬をしている人などにとってみてると、車はライフラインそのものでもあるので、免許がないと困ります。もちろん、車が好き、旅行したいなどもあるでしょう。

とこのように、生活必需品から趣味嗜好まで幅広く活用されているのが車。その車を運転するためには、運転免許が必要です。また、冒頭に説明した身分証明書代わりに取得する人もいます、その人はペーパードライバになりやすいですね。目的はともあれ、1度免許を取得すると維持するためには、定期的に更新をしなければいけませんので、ご注意ください。日常的に運転している人もペーパードライバの人でも更新は同じです。次からは運転免許の取得方法をご紹介します。自分に合ったスタイルで取得しましょうね。